プラセンタ注射

プラセンタ注射のご案内

患者様よりご要望の強かった各種注射点滴を行っております。

 

疲労回復に効果があると、好評です。

このような症状がある方はご相談ください

      • プラセンタ注射が保険適用となりますのは、医師の診断の結果、更年期障害または乳汁分泌不全であると判断された場合に限られます。
        更年期障害は、45~55歳頃までの女性の、のぼせ、ホットフラッシュ(発汗)、ほてり、イライラ、動悸、めまい、息切れ、疲労、肩こり等々の不定愁訴を医師が診断します。
        乳汁分泌不全は、産後一年以内で授乳の出が悪い方を医師が診断します。
        更年期障害の場合は、メルスモン注射、乳汁分泌不全の場合は、ラエンネック注射が保険適用となります。
        更年期障害の方は週に2回(1本×2回)まで、乳汁分泌不全の方は週に1回(1本×1回)
        までが保険適用の目安となり、追加分は自費扱いになります。

 

副作用などのご注意

        • 薬物過敏症、アレルギー体質の方は医師までご相談ください。
          わずかではありますが、注射部位へ発疹や疼痛等の副作用が報告されています。
          プラセンタ注射は、ヒトの胎盤を使用しているため、検出限界以下のウイルスについては混入の可能性は0ではないと現在は認識されており、プラセンタ注射を受けている患者様は献血を行うことができません。
          しかし、プラセンタ注射を受けて病気を治すメリットの方がリスクをはるかに上回ると考えられています。

     

     

    料金表(自費診療)※料金はすべて税別です。

        • 診察料(初診時のみ) : 1,500円
          ※但し、再診の必要があると認めた場合は、再診料1,000円を申し受けます。

           

       

       

      診察時間

      診察時間中は、いつでも受けていただけます。

      受付で、毎回「プラセンタ注射」とお申し付け下さい。通常診察の待ち時間ではなく、なるべく早くご案内いたします。

       

      • 初回
        ご予約なしで受けていただけます。
        ご予約される場合は、(045-822-6700)におかけください。
      • 2回目以降
        ご予約、診察なしで直ぐに受けていただけます。