ご退院されたご夫婦からのお手紙

2018/06/15

ご退院されたご夫婦より、嬉しいお手紙を頂きました。

 

なにより母子共にお元気で退院されたことを、ドクター・看護師・スタッフ一同で喜んでおります。
笑顔で退院されるママと赤ちゃんのお顔を拝見できることは、医療従事者の冥利に尽きます。
お元気で退院を迎えられて、本当に良かったです。

 

 

切迫早産治療からの血圧上昇などのため、入院管理を行いました。

その経過中、常位胎盤早期剥離を発症し、緊急帝王切開になりました。

母子共に、一刻を争う危険な疾患でしたが、入院管理をしていたために最短の時間で緊急手術を行い対応することができました。

また、術後、さらに大変な疾患を合併していたことも分かり、術後の管理も大変でしたが、よく頑張ってくださいました。

 

 

  • ※お手紙の内容はできるだけそのまま掲載してありますが、個人が特定できる内容は加工させて頂いております。

※ホームページへの掲載をご承諾頂いた皆様にお礼申し上げます。

 


 

【ご主人さまより】
入院から1ヶ月あまり、大変お世話になりました。

 

分娩の日、本人はあまりの展開の早さと壮絶さで思い出すのも苦しいそうです。
そのため、代わりに代筆させていただきます。

 

分娩の時を思い出すのも辛い。
それが本人の感想の全てだったと思います。
それくらい大変で、危険な状態だったのかと思います。

 

そのような状況の中、ドクターを始めスタッフの皆様の判断のおかげで
母も子も救っていただけたと思います。どうもありがとうございました。

 

今回の経験で子供を産むのは命がけであると、身を持って再認識しました。

あの日、もし病院に入院していなかったら、予定を前倒しにして優先的に処置をしていなかったらと思うと恐ろしいです。

 

院長の判断に感謝申しあげます。

 

入院中、看護師の方々にも大変良くしていただきました。
話し方や処置、配慮などにもプロフェッショナルを感じ、大変敬意を持ちました。

皆様におかれましても、何卒ご自愛くださいませ。

どうもありがとうございました。

 

 

【出産された奥さまより】
院長先生、スタッフの皆様
長い期間の入院生活となりましたが、今日を迎えられましたのは皆様のおかげです。
誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。