ママの声 251 愛ある厳しい言葉、緊急対応、全てに感謝

2017/03/18

今回、高齢での初産で、正直無事に出産まで出来るのか
不安な日々でした。
初期から切迫流産で安静になり、お腹の張りも5ヶ月過ぎた
あたりからひどくて、ウテメリンを服用する毎日で
職場でも無理に動かなくて良いよう配慮して頂いた
おかげもありどうにか生産期まで成長してくれました。
個別便送迎で無理なく健診にこれ、毎回和やかムードで
楽しかったです。

院長先生の愛ある厳しいお言葉(笑)がなければ、平気な
フリして動いたりお出掛けしていたでしょうし、あの時の
一言が母として子供を守るために目覚めた瞬間だったと
感じています。
逆子ちゃんのため予定帝王切開となりましたが、優しい
看護師さんのお言葉と温もりに安心し穏やかな気持ちで
臨むことが出来ました。
赤ちゃんの産声を聞けた瞬間にとめどなく溢れる涙は
一生忘れることはありません。

入院中お世話になったスタッフの方々、看護師さん達も
皆さん仲が良く、些細な不安なことも親身に聞いてくれて
ありがとうございました。

お食事も毎回美味しく参考にさせてもらいます。
バナナロールケーキがとっても美味しかったです。

長文になりましたが、この病院で出産でき、本当によかったです。
子供のことで小児科の藤田先生に緊急対応して頂き本当に
ありがとうございました。お気遣い感謝致します。

H.T

mama251.jpg