2016.09.13

2016/10/04

いつも生理痛に悩まされ、生活に支障が出る程の状態だったので、普通出産での痛みにも不安があり、無痛を希望しました。
破水から始まったため、途中で促進剤を使い、陣痛となりましたが、麻酔が効くまでは本当に痛く余裕もありませんでした。
効きはじめると落ちついて出産にいどめました。
しかし、骨盤が狭く、赤ちゃんが通れないと判明し、帝王切開での出産に切り替えられました。
本心はスムーズなお産がしたかったのですが、結果的には赤ちゃんが無事生まれてきてくれ、ほっとしました。
どの手段を選択しても、お産をすることの大変さは変わらないと思えた体験でした。
時に優しく、時に厳しく声を掛けて下さった院長をはじめ、関わって下さったスタッフの皆様に心より感謝しております。
ありがとうございました。