院長の無痛への提案で痛みを乗り越えられた

2017/05/31

もともと無痛分娩の予定ではありませんでしたが、
私のあまりの痛がりように院長先生が無痛への切り替えを
提案して下さり、お願いしました。
その後、痛みも和らぎ、なかなか開かなかった子宮口も
ほとんど開いてそのまま分娩に進むことが出来ました。
分娩にも時間がかかってしまいましたが、先生方の手助けの
おかげでなんとか出産することが出来ました。
無痛にしてもらわなければ、あのままどどうなっていたのか
想像するだけで恐いです。
本当にありがとうございました。

K.E

無痛22.png