無痛でも痛みのあるお産で頑張るという自覚をもって

2017/05/31

痛みに対する恐怖心が強かったので、落ち着いてお産に
望めるように無痛分娩を希望しました。
土曜日の明け方の破水からの出産となったので、麻酔の
処置をしてもらえるか心配しましたが、処置をしていただく
ことができました。
痛みは大方取っていただけましたが、一部残った痛みに
気を取られ過ぎて、イキみに集中できず、陣痛が遠のいて、
結果、時間がかかってしまい赤ちゃんに負担をかけて
しまった点は反省点ですが、無痛分娩といっても
痛みのあるお産で頑張らなければいけないと自覚していれば、
痛みを激減できる有効な手段だと思いました。

Y.K

無痛23.jpg