手術中、ずっと私の手を握ってくださっていた看護師さんの優しさが嬉しかったです

2019/05/30

36歳初産婦です。

年齢のことや体力のこと、痛みのことなどを考え、分娩は計画無痛を希望していました。

 

ところが予定日の前日夕方から陣痛が始まり、破水し入院。

その日が休日でしたので、翌日の院長が来られる時間まで陣痛に耐える時間を過ごしました。

 

院長が来られて麻酔を打ってくださり、痛みは楽になったものの、高熱が出てお産が進まず分娩停止に。

緊急帝王切開となりました。

 

体力がほぼ残っていない状態からの手術、とても不安でした。

内心、こんなはずじゃなかったのに・・・と思いました。

 

そんな中、手術開始前に、肩を優しくポンと叩いて、「頑張れよ」と院長が言ってくださったこと。

手術中、ずっと私の手を握ってくださっていた看護師さんの優しさが嬉しかったです。

出産は命がけだと実感しました。

 

入院中、夜中眠れず涙することもありましたが、看護師さんのサポートに助けられました。

師長さん、藤川さん、辻さん、金さん、本当にありがとうございました。

 

可愛い第一子をこちらの病院で出産できたこと、とても良い記念になりました。

最後に、小川院長、赤ちゃんを取り出して下さりありがとうございました。

 

 

●ママの声

→自然分娩・帝王切開で出産したママの声はこちら
→無痛分娩・計画無痛分娩で出産したママの声はこちら

 

●無痛分娩・計画無痛分娩説明会

→こちらからお申込み下さい。