自分に出来た余力を赤ちゃんが楽に出てこられるようにする力に使う!!

2017/08/28

今回2回目の出産で実家も遠く頼れる人がいない中すぐに上の子と産まれたばかりの赤ちゃんの育児をしなければならないため体力の消耗を防ぎ、産後の回復が早いといわれている無痛分娩を選択しました。

 

お産の間は、麻酔をかけて頂くといきむタイミングがわかるくらいの痛みになり院長先生がおっしゃっていた「自分に出来た余力を赤ちゃんが楽に出てこられるようにする力に使う」というのを意識してお産に臨むことができました。

 

上の子(自然分娩)の時には産後の回復が遅くなかなか歩けなかったり痛みに耐えながら夢中で赤ちゃんの世話をしてきましたが、今回は体力の回復が早く余裕をもって育児できそうなことに驚いてます。

 

小川クリニックの皆様、本当にありがとうございました。

 

H.T