月に一度のグランドパーティを開催しました。11月のメニューをご紹介します

2019/12/02

小川クリニックでは、月に一度 グランドパーティを開催しております。

11月は湘南の大地より”ジビエ”をテーマに、フレンチのシェフが腕によりをかけて、一皿一皿真心を込めたお料理をご用意しました。

 

 

野生の鳥獣は冬に備えて体に栄養を蓄えるため、今がジビエの旬です。フレンチの有名店では、

この時期になるとこぞってジビエ料理を提供するそうです。適切に処理されたジビエ食材は、安全で臭みもなく、高タンパク低カロリーなとっても優秀食材なんです。

 

丹波産鹿ロ-ス肉、松茸、海の幸の帆立など、贅沢な食材が盛りだくさんです。寒くなってきた今日、この頃、積極的にジビエを食に取り入れ、健康的な身体作りをしていきたいですね。大切な一つ一つの生命を自然界から頂き、感謝の気持ちを込めて一品一品を味わいました。

 

 

前菜は、”帆立と辛子明太子のタルタル 柚子の香り”
風邪予防、免疫力を高める食材の一つにホタテがあります。冬は乾燥すると風邪を引きやすくなりますよね。 ホタテは、喉の乾燥に効果的です。
帆立と辛子明太子をタルタルにし、香り豊かな柚子をあしらいます。ピリっとした辛さがアクセントになる美味しい1皿です。

 

 

こちらは、”松茸入り 自家製コンソメスープ”
秋といえば茸の美味しい季節!茸の王様と言えば松茸ですよね!旨味と香りが丁寧に凝縮されたお味でした。

 

 

お肉料理は、”丹波産鹿ロース肉のジュニパ-ベリ-風味 イチジクの赤ワイン煮添え”
鹿肉はあまり馴染みがないように思われますが、古代日本では鹿肉を猪肉とともに常食していた薬肉と言われています。栄養価が高く高たんぱく低カロリー、脂質やコレステロールが少ないヘルシーな食材ということで美容にも健康にも良いということで注目を集めています。ジュニパ-ベリ-のハ-ブの香りとお肉にピッタリ合う甘いイチジクの赤ワイン煮が柔らかな鹿肉とマッチしていました。

 

 

シェフのスペシャリテ ”ボンベイ風 至高のカレ-”
異国のスパイスの香りが食欲をそそります。何度でも頂きたくなるシェフのスペシャルカレ-でした。

 

 

デザートは、フランスパリのオペラ座にちなんで作られた”オペラ”

チョコの甘さとほろ苦さが混じり合う大人の本格派チョコレートケーキです。鹿肉を始めとしたヘルシ-なコ-スメニュ-にぴったりと合った、濃厚なスイ-ツでした。

 

今月も一品一品とても美味しく、楽しいパーティーとなりました。

 


 

2019年11月 グランドパーティー

MENU◆

 

『~湘南の大地より~ジビエのフランス料理

 

<前菜>

 


帆立と辛子明太子のタルタル 柚子の香り

 

 

<スープ>

 

 

松茸入り 自家製コンソメス-プ

 

 

<お肉料理>

 

 

丹波産鹿ロ-ス肉のジュニパ-ベリ-風味 イチジクの赤ワイン煮添え

 

 

<シェフのスペシャリテ>

 

 

ボンベイ風 至高のカレ-

 

 

パン 

 

 

<デザート>

 

オペラ

 

コ-ヒ-又は紅茶